シリコンパレーの産業について

「産業はなぜ地理的に特定の場所に集積したり、あるいは分散したりするのか」という問いに対して事例を用いて考察を行う。今回私はこのレポートにおいてシリコンバレーの集積の事例に基づいて説明を行う。

 

シリコンバレーにはスタンフォード大学がある。これは、鉄道王とも呼ばれるソーランド・スタンフォードが創始し、1899年に自らの農地に大学を建設したのがはじまりである。次に、「シリコンバレーの父」と呼ばれるフレデリック・ターマンは無線工学を軸に優れた研究者を集める才能を発揮した。彼は学生に発明の商業化を推奨し、支援した。

 1950年代に入るとスタンフォード工業団地が設立される。大学の敷地内において、大学側は研究者を提供し、企業側は資金を提供するといった相互関係が結ばれる。ここでノイスが集積回路(IC)を発明するのだが、親会社である企業の過干渉によって次々と独立するといった動きが活発化する。

株式会社アイグラン

きりん住宅なら不動産全般お任せ!新居浜で賃貸を探すなら